トップページ > 会社概要

会社概要

ご挨拶

再生可能エネルギーの普及を通じ社会貢献を行って参ります

代表写真平素より多くのお客様、取引先の協力会社様に支えられ、厚く御礼を申し上げます。

全世界の共通した認識の一つである環境保全に関する考え方はこの10年で大きく様変わりしました。ご存知の通り国際社会は一致した考え方としてCO2削減の方向へ大きく舵を切ったのです。これまで経済重視であった大国も環境破壊・地球温暖化・気候変動等の様々な問題に危機感を募らせ持続可能な社会を維持する為に全世界の共通課題として動き出しました。

日本政府も2020年10月26日の総理演説で2050年までに二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)政策目標を正式に掲げました。これに伴い2050年までに電源構成の中で再生可能エネルギーを50%~60%にし、再生可能エネルギーを主力電源にしたい旨も表明しました。ちなみに現在(2020年)の国内の電源構成は火力75%、再生可能エネルギー18%、原子力6%、その他1%と火力発電に8割近く依存しているのが現状です。

海に囲まれた我が国は主に原油や石炭、液化天然ガス等を輸入し国内発電設備にて電気に変え各需要地に供給しています。震災前までの我が国のエネルギー自給率は20%程度でした。その後は太陽光発電を中心とした自然エネルギーが全国各地で急速に広まりましたが、原発が現在9基(2020年12月時点)しか稼働しておらず現状では震災前より低い10%以下という状態です。資源を持たない我が国は海外からの原料輸入に頼る火力発電に多くを委ねざるを得ないのが実情なのです。このいびつな我が国の電力供給体制を早急に再構築し出来うる限り純国産エネルギーに変えていくことが我々の責務だと考えております。

弊社は、そうした我が国の現状を踏まえ、九州を中心に太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーの供給比率を上げるべく、微力ながら皆様方と共に歩み続けている企業でございます。現在の事業内容としましては太陽光発電設備の建設・販売・メンテナンスを中心にクリーンエネルギーの普及に尽力いたしております。

今後、私が是非ともやり遂げてまいりたいのは過疎化が進む農山漁村地域での耕作放棄地や遊休地の有効活用です。現在の民々だけの契約で事業を行うのではなく、行政の方々と協力して如何に地域貢献が最大限出来るかを考えたスキームを提供させていただき、事業展開を考えて参ります。

弊社は此れからも「再生可能エネルギー事業を通じた社会貢献」を企業理念に掲げ、クリーンエネルギーの普及に尽力していく覚悟でございますので、今後ともご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。

FSエナジー株式会社
代表取締役社長
藤田 信博

会社概要

 

 

名称 FSエナジー株式会社
代表取締役 藤田 信博
所在地 〒814-0004 福岡市早良区曙1丁目13-30 松屋ビル610号
設立年月日 平成25年11月5日
資本金 650万円
協力会社 株式会社新日本テクノサービス 株式会社アイデックス 有限会社武永建設  有限会社成和工業  有限会社田口建設 浜辺建材センター マウントエナジー株式会社  株式会社ティーエス 株式会社NTTスマイルエナジー 株式会社九広 株式会社日本環境テクノ
登録番号 建設業許可
福岡県知事許可(般-3) 第114734号
(電気工事業、建築工事業、大工工事業、内装工事業、屋根工事業、タイル・レンガ・  ブロック工事業)

登録電気工事業
福岡県知事登録 第300106号

取引銀行 西日本シティ銀行 福岡銀行 福岡信用金庫 日本政策金融公庫